牛深では珍しい金のオコゼが水揚げされるという記事を以前ご紹介しました。

それ以外にも金の名称がつく魚が天草牛深で獲れるんです。

それは「ふぐ」。「カナトフグ」や「シロサバフグ」と呼ばれるフグです。

どうですか?なんか全身が金色に神々しく輝いているようにみえませんか?

そうです。天草牛深では「金ぶく」と呼ばれています。

ブランド化された「牛深金ぶく」はふぐなのに毒がない!その特徴は?

まず大きな特徴としては「無毒」。一般的なふぐとは違い、毒がないので、安心して食べられます。

なお、牛深水産にはふぐ免許取扱者もおりますので、普通のふぐも安心です。

通常は「身欠き」として、頭とエラと内臓を取り外し、身の部分だけを提供しております。

また、牛深金ぶくであることを認定するための5つの基準が以下です。

  1. 天草灘(天草の沖合)で獲れたふぐであること。
  2. カゴ漁業で獲れたふぐであること。(魚体を傷つけない)
  3. 大きさ150グラム以上であること。(150グラム以下は資源保護のため獲らない)
  4. 漁獲後、ただちに氷〆されること。(鮮度保持)
  5. 表面が金色で傷がない。(美しさ)

ふぐの産地としては、関門海峡に面する山口県下関や福岡県が有名なのですが、下関のふぐに負けず劣らず業界では有名なのです。

実際「牛深金ぶく」の多くは山口県や福岡県へも流通しています。

明石のタコのルーツが天草牛深のタコと同様、一般の人は知らないけれども、全国に認められた逸品であることは間違いないでしょう。

牛深金ぶくの気になるお値段は?

関東ではなかなか流通しないのですが、1キロ1,000円~が多いように見受けられます。

平均的な1尾サイズが200グラム〜300グラムなので、1尾200円〜300円といったところでしょうか。