熊本県天草市牛深の鮮魚を全国へ直送します!

お客様の声

  • HOME »
  • お客様の声
ご注文・お問い合わせ

牛深の魚を提供している飲食店をご紹介!

なぜ、牛深の魚を使っているのか、その魅力を教えてもらいました!

■バンゲラズ・キッチン バンゲラ・プラシャントさん(銀座)

2018年にオープンした「バンゲラズ・キッチン」は、私の故郷、南インドのマンガロール料理専門店です。
マンガロールは港町であり、料理には新鮮な魚が欠かせません。これまで東京都内の市場から仕入れていたのですが、マンガロールの味を再現するため、より新鮮な魚をネットで探していたところ、牛深水産を見つけました。

サバや生ガツオ、アジ、イワシ、キス、サワラなどは、マンガロールで料理人を務めていた時も使っていましたが、カンパチは初めて扱いました。フライにしたらお客さんから大好評で、嬉しかったですね。日本は魚の種類がマンガロールより多いので、料理が一層楽しくなりました。

牛深水産は、セットでバラエティ豊かな魚を送っていただけるので、バンゲラズ・キッチン週替りメニューの「魚セット」で重宝しています。これからも新鮮な魚をよろしくお願いします!

■くまもと酒場 池田屋 池田大樹さん(名古屋市)

私は牛深に生まれ、牛深に育ちました。現在は名古屋市で熊本をテーマにした居酒屋を経営しています。私自身、牛深で育ったのでよく分かるのですが、牛深の天然の魚は、種類が豊富で質が高い。そんな牛深の魚の魅力を愛知の人に味わってほしい。そんな思いから、牛深水産に取引をお願いしました。

仕入れと下処理の時間をカットできるのは、忙しい中本当に助かっています。時間のロスなく、すぐに調理に取りかかれますからね。

愛知で牛深の新鮮な魚を食べることはなかなか難しい。うちの店では牛深の魚を楽しめることが、そのままブランドになっています。質の高い魚を提供できるのは、本当に魅力的ですね!

 

■九州情熱酒場 がばい寅次郎 坂爪 さん(長野市)

 

 

長野市で居酒屋を経営しています。新鮮でバラエティに富む、牛深の魚。どんな魚が送られてくるのか、毎回楽しみにしています。

ベテランスタッフさんが旬の魚を目利きしてくださるので、安心できますね。牛深水産は、魚と牛深への愛が深い。私もそれに感化され、送っていただいた魚は、骨まで料理に活用しています。お客様にも「牛深の魚をまた食べたい!」とリピートしていただき、本当にありがたい。これからもぜひ、使い続けたいと考えています。

 

■居心地屋 大海さん 村松直彦さん(長野市)

長野ではお目にかかることのできない、牛深ならではの珍しい魚。それを長野の地で扱えることは、大変ありがたいことです。

牛深の魚を使ったお造りは、うちの店の看板メニューの一つ。お客様からも「うまい!」とお褒めの言葉をいただいています。

魚の締め方、下処理の仕方は、とても丁寧で、手間をかけていることがよく分かります。牛深の魚に対する愛情と熱い思いを感じますね。その思いが伝わってくるからこそ、感謝の心を持って、客さまに牛深の魚を提供させていただいてます。

 

■六方 じんのすけ 高原仁さん(神奈川県)

牛深水産の魚は、下処理がとても丁寧で、本当に良い状態で魚が届きます。また、関東圏では食べることのできない種類の魚を、お客さまに提供できるのが魅力です。それをきっかけに「この魚おいしいね! なんていう魚なの?」とお客様から聞かれたりすることも多いんですよ。そこから、お客様との間に自然と会話が生まれ、コミュニケーションを取ることができるのが、何より嬉しいですね。

特に牛深の魚の中でも、関東圏ではなかなか食べることができない白身魚のイラは、しっとりとした味わいとモチモチとした触感がお客様に好評です。自分自身も心から「おいしい!」と思った牛深の魚をこれからもより多くの人に食べていただきたいです。

 

牛深の魚を注文する
まずは問い合わせる

 

ご注文・お問い合わせはこちらから!まずはお気軽にお問い合わせください!お昼12時までのご注文で朝獲り鮮魚を当日出荷します。
LINE@ご注文お問い合わせもLINEから!友達登録で毎日の水揚げ価格をお知らせ!
LINE友だち追加LINEアプリに移動します
LIne受付24時間・年中無休
メールフォーム
ご注文・お問い合わせ
電話
タップで電話がかかります096-323-2269
受付時間午前7時〜午後5時定休日年中無休(年末年始除く)

 

牛深について
牛深情報局
牛深水産瓦版
牛深の漁師インタビュー
牛深の魚レシピ紹介
PAGETOP
© USHIBUKA SUISAN CO.LTD
ご注文・お問い合わせ