熊本県天草市牛深の鮮魚を全国へ直送します!

採用情報

公式オンラインショップ 牛深水産プレミアム便|公式お取り寄せオンラインショップ ご注文・お問い合わせ

牛深から全国、海外へ鮮魚を届ける!

牛深水産は、熊本県天草市牛深町の鮮魚を、全国、そして海外の飲食店に届けています。

新鮮な魚を探し求める飲食店、そして美味しい食事を求める消費者に喜んでもらえるよう、日々、鮮魚の仕入れ・管理・発送を行なっています。

地域に根ざした企業・牛深水産で、全国の皆さんを笑顔にしませんか?


牛深水産の仕事 調理からマーケティングまで幅広く!

入社していただいた方には、主に以下の3業務に携わっていただきます。

鮮魚の加工、梱包作業

市場から仕入れた鮮魚の加工・梱包業務。熟練のスタッフと一緒に調理します。異業種の方でも大歓迎!

新鮮な魚を全国の飲食店に届けましょう!

Webマーケティング業務

 

SNSや自社サイトを駆使して、天草牛深の情報を発信しています!

「天草牛深に最高の魚あり!」と、全国のお客さまに知ってもらうための、マーケティング業務です。

自社ブログ用の取材や執筆にも挑戦していただきます!

配送・発送業務

天草牛深の鮮魚を全国へお届け!

基本的には業者に委託しての配送ですが、近くのお客さまには直接お届けしています。

新鮮な魚を喜ぶ声を聞けることが、何より嬉しい仕事です!

スタッフインタビュー

「市場に注文を受けた魚がない時こそ燃える」 | 玉名加工場責任者 猪股 浩成

普段は牛深水産と取引のある飲食店様から発注を受け、魚を仕入れる業務などにあたっています。

居酒屋をはじめとする飲食店様は、活気がある方が多く、こちらも元気をもらえます。

「今日の魚はほんと良かったよ! ありがとう、また頼むね!」などと、感謝の言葉をいただく機会も多く、こちらも笑顔になります。

私は仕入れを担当しているので、毎日夜が明ける前に起床します。準備を整えたら、夜中のうちに届いたお客様からの注文をチェック。最近はLINEでの発注受付も対応していますので、簡単になりました。

その発注をもとに、市場へ出向いて魚を仕入れます。お客様の要望に応えたい一心で臨ので、市場では真剣勝負。無事に目当ての魚を仕入れることができたら、そのまま牛深水産の加工場のある玉名まで社用車で持って帰ります。

天候や海の状況によっては、お客様の求める品物が市場に並ばないこともあります。魚の種類だけでなく、大きさが合わないこともあります。

しかしながら、飲食店のお客様は寝ていらっしゃるわけで、「今日市場にないんですけど」などと確認の電話を入れることはできません。

そういう時こそ、日頃いかにお客様とコミュニケーションを取っているかが試されます。普段から考えながらお客様と会話していれば、いろんなことが分かってきます。お店の情報、お店に来られるお客様、料理人さんの好み。言語化するのは難しいですが、本当にさまざまな情報を頭に叩き込んでおきます。

入社当初こそ苦しみましたが、市場に発注の魚がないときこそ、お客様の期待値を上回る結果を出そうと、燃えます。お客様が喜びそうな品物が市場に入荷された時は、発注を受けていなくても仕入れて、お勧めすることもありますよ。

「良いね! さすが猪股さんだ! そういうやつがちょうど欲しかったんだよね!」などと言ってもらえると、帰りの車の中で小さくガッツポーズしています(笑)

全ては飲食店のお客様あっての僕ら魚屋です。関係性が構築され、発展していくことが仕事の醍醐味ですし、やりがいですよね。

今や日本を超えて海外とも取引

牛深水産スタート時は、取引先は居酒屋が1軒だけ。場所も今の玉名ではなく、熊本市の田崎市場内にありました。

最初は人もいなかったので、私が毎日、車で牛深を往復していました。牛深まで片道3時間、往復6時間かかります。牛深で魚を仕入れ、自分で魚を生け簀に入れて、揚げて、捌いて、梱包して、店舗までお届けする。その繰り返しでした。全て自分でやっていましたからね。そりゃ大変でしたよ。

取引先が増加するにつれ、次第にオペレーションも整ってきて、人も増えてきました。営業する余裕が出てきてからは、私が率先して営業に出ていました。飲食店様に飛び込み、牛深の魚の良さを必死でお伝えする。牛深の魚は味が本当に良い。一度使ってもらえれば、リピートして頂けることが多いんです。また、知り合いの飲食店様をご紹介いただくこともよくあります。

牛深の魚にそれだけの価値を感じて頂いて、他のお店にも自信をもってご紹介いただけたことが、嬉しかったですね。おかげ様で、熊本の多くの飲食店のお客様と公私を超えて仲良くなりました。魚の目利きや納品など、仕事の基本となる部分を信頼していただけた。そして、それを超えて「私自身」という人間自体にも好意と信頼をいただけた。魚屋冥利に尽きます。

業務拡大に伴い、現在は玉名に拠点がある牛深水産。ご紹介がご紹介を呼び、今では県外の取引先も増えました。福岡、大阪、高知、名古屋、長野、神奈川、東京。全国にお客様が広がっています。

現在最も遠いお客様は、海を超えて香港です。全てを自分で牛深から運んで捌いて納品まで行っていたころが昨日の事のようですが、それが今や香港。「この先どこまで広がっていくんだろう」と、ワクワクしながら仕事にあたっています。

地域を盛り上げているという実感

実は私は牛深生まれの牛深育ち。地元が大好きです。

以前は漁業がとても盛んな町でした。イワシの漁獲量が日本2位だった事もあるんです。うちの両親も漁師ですし。まさに「漁師町」でした。

それが今や他の地域に押されたり、水揚げ量が低下したり。どんどん寂しくなっていくんです。漁を辞める人も少なくないし。地元に帰るたびに思います。あー、また寂しくなったなあって。

漁師の血が流れているのか、地元愛なのか分かりませんが、こんなにも美味しい牛深の魚をもっと広めていきたいと強く思います。もっともっと多くの人が、牛深の魚を指名買いしてくれるようになったら、値段も上がるだろうし、漁師も魚屋も飲食店もみんな潤う。そしたら、牛深も再び活気づくようになると思うんです。

私は牛深を愛していますし、何かできることはないか、常々思っています。牛深の魚を全国、全世界へ発信し、販売し、地域をもっと盛り上げていきたい。「牛深水産の拡大=牛深への貢献」ですから。

牛深の魚を通して感動を届けたい|営業・WEBマーケティング担当 中川 光(2021年2月入社)

営業担当としてお客様のもとに伺い、おすすめの魚や牛深水産の加工食品を提案しています。また、デジタルマーケティング担当としてECサイトの運営やSNSの更新業務も担っています。

入社のきっかけは、牛深水産の理念である「感動の創造」に共感したこと。「牛深産の魚を通じてお客様に感動をお届けしたい」という思いで、日々業務にあたっています。

他業界からの転職でしたので、入社当初は戸惑いの連続でした。魚は種類も多く、特徴を覚えるのが大変。今も自分で魚を食べながら勉強する毎日です。苦労する場面も多いですが、お客様から「また頼みます」と声をかけられる瞬間は最高ですね。

牛深の魚は鮮度が抜群です。そのなかでも牛深水産が提供する商品は、ほかの水産卸業者さんに負けない自信があります。自分が本当にいいと思えるものを提供し、お客様に感動していただける。毎日やりがいを感じながら過ごしています。

目標に向かって一丸となって取り組む

牛深水産の武器はチームワークです。目標を決めて、社員が一丸となって突き進んでいきます。ここはスタッフ全員が責任感を持ちつつも、楽しく仕事ができる職場です。ただ、この部分をさらに高めていきたいと考えています。その先に、「感動の創造」があると確信しています。

どこにも負けない商品を提供したい| 加工部責任者 村本 一也(2019年4月入社)


仕入れた魚を使った加工食品の製造・開発業務に携わっています。元々は板前をしており、縁があって牛深水産に入社しました。

入社当初は飲食店ではなかった注文処理業務などがあり、戸惑いも多かったです。それでも業務を反復することで、自然と覚えられました。

私たちの仕事は、自然が相手です。季節や天候で仕入れられる魚が変わってきます。商品製造のための仕込みを進めていても、肝心の魚がなければどうしようもありません。予定通りにいかないことも多く、大変だと感じる場面も多いです。それでも、お客様から「おいしかった」「また注文する」と声をかけられたり、お褒めのメールをいただいたりしたときは、苦労に勝る嬉しさがありますね。

ベストな状態の商品を届けたい

牛深水産は和気あいあいとしながらも、目標に向かってチーム一丸で取り組む会社です。ベトナム出身の技能実習生もいて、多様な価値観を持った人が集まっている職場だといえます。

私は天草の出身です。牛深も天草地域に含まれますが、牛深は熊本で一番の漁場だと誇りを持っています。一番の漁場で獲れた魚を、多くの方に食べていただきたいですね。加工商品担当者として、魚種に合ったベストな商品をこれからもお客様に届けたいです。同時に、どの業者さんも出したことがない、どこにも負けない商品を開発していくのが今の目標です。

食のスタート地点に携る責任ある仕事│ 鮮魚加工担当 宮本 健人(2020年3月入社)


鮮魚加工担当として、仕入れた魚を卸しています。入社前に働いていた飲食店が牛深水産から魚を仕入れていたこともあり、会社のことはよく知っていました。元々魚をさばくことが好きだったこともあり、縁があって牛深水産に入社することになりました。

私は左利きなのですが、魚をさばく包丁は基本的に右利き用です。飲食店にいたときもなるべく右手でさばいていましたが、牛深水産に入社して本格的に右手を使うことになりました。利き手ではない手を使うので最初は苦労しましたが、ほかのスタッフを見て学び、試行錯誤しながら魚をさばいていきました。今ではお客様に「さばき方がきれいだ」というお声をいただくことがあり、その時は苦労が報われた思いがします。

お客様に曖昧なことを伝えない

お客さまと直接連絡を取ることがありますが、おすすめの魚を伝える際には曖昧なことを言わないよう気を付けています。お客様も魚に詳しい方が多く、ごまかしはききません。魚のことを勉強することは必須ですね。お客様に提供した魚は、最終的に消費者の口に入ります。食のスタート地点に携わっているということもあり、責任と同時に大きなやりがいを感じています。

今後は魚の仕入れや値付けといった業務に挑戦していきたいです。将来的には営業にも携われたらいいなと思います。自分も成長しながら、熊本の水産卸業者の中で一番の会社にしていきたいです。

一日の流れ

牛深水産の仕事は、受注作業から調理、配送と多岐に渡ります。一日の業務の流れをご紹介します!

6:00 受注作業(注文確認および注文表記入。市場仲卸に当日追加分を発注)

最も早い時間帯の出勤は、午前6時。早朝の気持ち良い空気を吸いながら、業務を開始します。まずは、飲食店からの注文を受ける、受注作業。注文は「LINE@」「FAX」「留守番電話」の3経路から入ります。それぞれを間違いないよう確認して、紙の注文表に転記。続いて、前日のうちに市場の仲卸に注文済みの商品では足りないものを発注していきます。

6:30 午前便分の水揚げ&捌き作業開始

受注作業を終えた後、玉名の工場から配送にあたります。基本的には午前と午後の2便。ランチ営業のお客様には午前便でお届けし、夜営業のみのお客様には午後便でお届けします。午前便は、熊本市内の提携物流センターと熊本駅方面に向かう市内便があります。可能な限り新鮮な魚をお届けするため、魚を締めるタイミングも変えてお届けしています。

注文表をもとに、必要な魚を生け簀から水揚げしていきます。たとえば注文に応じて鯛を20尾、カンパチを4尾、シマアジを5尾といった具合にです。その後、お客様のご要望に応じて切り分けていきます。鯛を1/2、カンパチを1/4背の部分など、細かな要望にお応えします。

切り分けた魚を吸水紙にきれいに包み、さらに保水紙で包みます。魚の鮮度を保つには適切な湿度が重要。水気は大敵ですが、乾きすぎてもいけません。

その後、お客様ごとにまとめた商品を、発泡スチロールに梱包していきます。夏場はしっかりと氷敷きし、一定の低温にしておくことで鮮度を保ちます。

8:00 午前便配達出発(熊本市内方面)

準備した魚を載せた保冷車を、熊本市内方面に向けて送りだします。配達は主にアルバイト・パートが担当します。熊本市内までは、玉名から40分ほどの道のり。皆、安全運転第一で業務にあたっています。

慣れるまでは、教育担当者が一緒に同乗し、お客様にしっかりご紹介します。また、作業手順も丁寧に指導しますので、すぐに慣れて一人で配達できるようになります。

8:15 本日の水揚げをLINE@で配信

熊本市場からの仕入れ商品および牛深市場からの水揚げ情報を聞き、LINE@で当日の商品情報を配信します。LINE@に登録いただいているお客様は、熊本のみならず全国各地、はたまた海外にもいらっしゃいます。LINE@の投稿は写真付きですので、分かりやすいと好評です。

8:30 午後便分の水揚げ&捌き作業開始

一息いれた後は、午後便分の水揚げと捌き作業を開始します。午前便は主に熊本市内の提携物流センターと駅方面だけでしたが、午後便の配送先は各地に広がっています。

また、この時間帯は、LINE@で配信した水揚げ情報を見たお客様からのご注文も、どんどん入ってきます。受注作業をしながら水揚げ&捌き作業も並行して進めていきます。

11:00 午前便帰社

熊本市内方面へ配達に出ていた保冷車が、この時間帯に戻ってきます。

12:00 市内提携物流センターに向け出発

熊本市内の大部分のお客様への配達は、提携物流業者さんに委託しています。したがって、まとめて市内物流センターにお届けすれば、そこから先は物流業者さんが配達してくれます。物流センターは13時までに届けることが必須です。

市内提携物流センター便を送り出した後は、牛深からの「活魚車」が戻るまで、休憩およびランチタイムとなります。ほっと一息つく瞬間です。皆で和気あいあいと昼ごはんを食べます。

13:00 牛深便到着&荷降ろし&捌き

牛深からの4トン活魚車が到着するのが、13時頃。当日の朝、牛深で水揚げされた生きのいい天然活魚が、車で3時間かけてはるばる玉名まで運ばれてきます。日野の最新鋭トラックを改造した、最先端の活魚車です。

到着後は、バケツリレー方式で活魚車から生け簀へ魚を移していきます。皆のチームプレーが大切です。その後、牛深の天然活魚を捌き、梱包していきます。

14:00 午後便出発、清掃作業

全てのお客様の商品が揃い次第、午後便が出発します。玉名市内のお客様、熊本市内のお客様、熊本郊外のお客様など、その日のご注文状況によって異なります。当日の注文状況で2〜3ルートを組み、一斉に配達に出ます。

残ったメンバーは、翌日ご注文分の仕込みを行います。その後、片付け・清掃です。衛生状態を保つことが重要なので、床から壁まで毎日綺麗に磨き上げます。

夕方 業務終了

午後便が帰社すれば、全体の業務が終了です。全員が帰宅して、家族や友人との時間を過ごします。

以上の仕事を、全従業員で役割分担しながら、天草牛深の鮮魚全国に配達しています!

募集概要

会社名牛深水産株式会社
雇用形態正社員(試用期間2カ月)
パート
募集職種
(1)鮮魚加工、配送スタッフ
(2)注文・発送管理、WEBスタッフ
資格・経験(1)(2)
未経験者可。要普通自動車免許(AT限定不可)。調理経験者など魚をさばける方優遇。
給与(1)(2)
正社員:20万円〜(試用期間中は時給1,000円)
(1)(2)
パート:800円〜(配送、鮮魚の加工:1,000円〜)
※試用期間あり
勤務地熊本県玉名市大浜町3627-2
電話番号0968-82-8754
勤務時間06:00〜17:00(シフト制)
休日シフト制、月4日以上(シフト制)
※部署、担当業務によって異なる場合もあり
その他・賞与制度あり。
・昇給あり。
・皆勤手当。
・車、バイク通勤OK
・社会保険完備。
募集人数若干名
募集期間決まり次第終了
採用の流れエントリーフォームor 直接電話にて応募(0968-82-8754

面接(履歴書持参)

試用期間2カ月

正採用

 

お申込みはこちら!!



    PAGETOP
    © USHIBUKA SUISAN CO.LTD
    ご注文・お問い合わせ