カマスが美味しい時期は……

今回のご紹介する魚はカマスです!

牛深でも例年、質の良いカマスが大量に水揚げされています。

こちらの写真は牛深で朝水揚げされたばかりのカマス(アカカマス)です。

ところで、皆さんはご存知だったでしょうか?

なんとカマスには年に旬が2回あることを!!

カマス(アカカマス)の旬は、脂が乗る10~12月と、産卵前に栄養をたくわえる3~4月!

アオカマス(ヤマトカマス)は例外的に8~10月が旬。

アオカマスは、アカカマスよりも水っぽいことから干物にされることが多く、刺し身やその他料理にはアカカマスがオススメです。

このようにカマス(アカカマス)に旬が年2回あります。

カマスの塩焼きのレシピ

ここでカマス(アカカマス)を使った料理をご紹介します!

まずはカマスの塩焼きです!

カマスの塩焼

材料 1人前

  • カマス 1尾
  • 塩 適量
  1. カマスはウロコを落としてエラと内臓を取り去る。
  2. 塩を全体に振りかけ焼き上げる。そのまま姿を活かして丸ごとオーブンで焼いても良いですが、筒切りして形を小さくし、焼いても良い。

カマスの香草焼き

次に、カマスの香草焼きです!


材料 1人前

  • カマス 1匹
  • パン粉 大さじ1
  • ディル 2/1本
  • パルメザンチーズ 小さじ1
  • ガーリックパウダー 少々
  1. カマスを三枚におろし、小骨を抜いていく。
  2. 香草パン粉(お好みのハーブとパン粉、チーズ、ガーリックパウダー)を作り、おろしたカマスにまとわせソテーする。
  3. 頭は素揚げにしあしらいとして使用すれば見た目にもGOOD!

カマスのグラタン~リンゴのコンポート添え~

続いては、おしゃれなカマスのグラタン~リンゴのコンポート添え~

材料 2人前

  • カマス 1匹
  • リンゴ 1個
  • 水 200cc
  • 赤ワイン 100cc
  • 砂糖 大さじ2
  • ホワイトソース市販品 大さじ4
  • シメジ 4/1パック
  • エノキ4/1パック
  1. カマスは頭付きで三枚におろし、小骨を抜く。
  2. ベシャメルソースに季節の野菜ソテをまぜ、ボール状に丸める。
  3. リンゴの釜を作り、くり抜いた果肉はコンポートにする。
  4. ボール状にまとめたベシャメルソースにカマスを巻き付けリンゴの釜におさめてオーブンで230度で15分焼く。

今回ご紹介した料理は、ご家庭でも簡単にできます。

カマスを使ったお洒落な料理を、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

カマスの気になる価格(相場)は?

1キロあたり1500〜2500円といったところでしょうか。