タコといえば明石のタコが有名です。

が、実は明石のタコは天草牛深のタコが起源なのです。

明石のタコ=天草牛深のタコ??

明石のタコは昭和38年の海水の異常低温冷害で一度絶滅してるんです。

タコは、通常、5度以上でしか生きられません。
このとき海水温度は4度まで下がってしまい、明石のタコは死滅。

そんなときに明石を救ったのが、天草牛深のタコなんです!

はるばる熊本から3万7千匹、10トン以上のメスダコを明石まで運び放流!
その結果、明石のタコは、今日の全盛となっているのです。

つまり、現在生息している明石のタコは天草牛深起源のタコということになります。

明石海峡の激しい海流で揉まれて育つ明石のタコは、足が太く短く、弾力性があると言われていますが、天草牛深も負けていません。

そりゃそうです。ルーツを辿れば同じタコですから…!

そんな天草牛深のタコが5月より解禁となります。
タコのシーズンは5月~8月。

タコ解禁に湧く、「天草ありあけタコ街道」を訪れました。

タコ愛がスゴイ!「天草ありあけタコ街道」

天草ではタコが獲れる時期に、8本足を広げた干しダコが国道324沿いに多く見られることから、国道324沿いの有明区間を「天草ありあけタコ街道」と名付けています。
タコが天草のまちづくりの一環として大活躍しているんです!

到着して待ち構えているのがこれ!

かわいさのカケラもない(笑) …リアルで、ちょっとグロいです。

隣には、タコ供養塔「祈りダコ」が。
タコへの感謝供養、豊漁・海難事故防止などの願いを込められて、作られたとか。

こちらは可愛いですね。2本の足で祈るポーズとねじり鉢巻がポイント!
しかし、このモニュメントに書かれた「五多幸」「五つの幸せ」とは、なんのことなのだろう…。

辺りをよく見渡してみると、説明書きがありました。

天草牛深のタコの素晴らしき効果効能

天草牛深のタコは美味しいだけでなく「五多幸(ごタコう)」があるのです!

  1. 受験にパス! 置くとパス!
  2. 健康に良い! タウリン豊富!頭に最高!
  3. 恋愛成就! 二人の愛はくっつくと離れない吸盤のごとし!
  4. 子宝に恵まれる! タコはいっぱい赤ちゃんを生みます!
  5. 商売繁盛! お客さんに吸い付き離れない!

タコに、こんなにも「幸」があるとは…。驚きです!!

モニュメントのそばには、願い事が書かれた絵馬がズラリ!
訪れた多くの人が願掛けしています。
みなさん、どんな願い事を書いているのでしょうか、ちょっくら拝見。

 

YouTuberとは…、今時ですね〜。

切実です(苦笑)

ほかにも五多幸グッズがたくさん販売されていました。

天草牛深のタコの加工商品いろいろ

売店ではタコにまつわる色んな商品が販売されています。

タコおやじ直伝! タコステーキ!
煮付けにしてあって美味しそうです♪

こちらは、ホシダコ。本当に飛んでいきそうです!

ほかにもこんなものが。

珍タマ…。
小さく「タコのエキス頂いちゃいました!」って書いてあります。
タコのエキスって…。

今度は、OH!珍ぼう…。
ワンハンドタイプって…。
思わず突っ込みたくなっちゃいますね。
いかがでしたでしょうか?

タコ愛がスゴイ! 天草ありあけタコ街道。

ぜひ一度、熊本は天草のありあけ街道まで足を運んでみてください。

タコへの愛がきっと深まるハズです!

天草ありあけタコ街道へのアクセス

天草市有明町上津浦 リップルランド

・熊本市から車で1時間40分
・九州自動車道松橋ICから車で1時間20分
・天草空港から車で30分
・「下津江四郎ヶ浜ビーチ」バス停近く

駐車場:50台