石鯛よりも凶暴なイシガキダイ。

石垣というよりもヒョウ柄がかっこいいイシガキダイ。

イシガキダイとはどんな魚?

比較的浅い岩場に生息しています。

数も少なく高級魚なので、磯釣りで石鯛がひけたら感動モノです。

また顎が強く成魚になると、甲殻類や貝類、ウニ類などもその強靭な歯で噛み砕いて食べてしまいます。

なので、磯釣りではカニを使う人が多いです。ザリガニやヤドカリで釣る人もいます。

イシガキダイの別名「クチジロ」

写真の下がまだ子供のイシガキダイです。小イシガキと呼ばれる事も多いです。

石鯛と同じように子供の頃は石垣のようにくっきりはっきりした模様が現れています。

サイズは600g前後です。

それに対して写真の下が成魚になったイシガキダイです。

どうですか?

違いがわかりますか?

一つは模様が薄くなっている事に注目です。

成長とともに模様がぼやけていくのです。

大きくなればなるほど模様が薄れ、どんどんヒョウ柄みたくなっていきます。

もう一つ違いがあります。

口の周りに注目です。

このように大人になるにつれ口の周りが白くなっていきます。

だから「クチシロ」とも呼ばれることも多いです。

石鯛が「クチグロ」イシガキダイが「クチシロ」

面白いですね。

ちなみに天草牛深では「ゴマフサ」と読んでいます。

石鯛が「フサ」でしたので、そこにゴマ模様がついたので「ゴマフサ」ですかね。

高級魚・イシガキダイの味は?

高級店や寿司屋で重宝されるイシガキダイ。

白身魚で、皮をひいた見た目は鯛に似ています。

が、その食べごたえは別格です。

しっかりとした身質で、ゴリゴリ・ブリブリしてます。

新鮮さを十分に感じることができる魚です。

同時に上品な甘さとほんわかした磯の香りも楽しめます。

一番は刺し身でしょう。

イシガキダイの気になるお値段や相場は?

一般小売価格では1キロ5,000円〜が多いように見受けられます。

石鯛よりはやや安価で流通しています。

平均的なサイズの1尾の重さは1.5kg、これに当てはめると1尾7,500円の計算となります。