今回紹介するのはバリ!

一般的には、アイゴと呼ばれることもあります。

天草牛深では「バリ」だったり「ヤノイヨ」と呼ばれています。

バリの語源はその臭いから!素早い下処理で解決!

バリという言葉の語源は、なんと「小便」(!)とのこと。

ある地方では「ネションベン」などとも言われたり。

バリは「アンモニア臭がする魚」というイメージが強いためです。

が、それは、きちんとした下処理を締めたあとにスピーディに行わないから。

 

生きている状態からすぐに活き締め、神経締めして、内蔵を出してあげれば、とても美味しい白身に早変わり!

皮はバーナーでこれでもかという位炙ってあげて、炙り刺しの状態で提供すると良いでしょう。

 

「え〜、アイゴ(バリ)かぁ〜。臭いんだよなぁ〜」

 

といったお客様が、、、食べたあとの感想が!

 

「これまでバリは臭いイメージしかなかったけど、イメージが覆された!」

「全然臭く無い!うまい!」

 

という驚嘆の声に間違いなく変わります。

(もちろん鮮度良く丁寧に仕上げられた状態であるという前提がありますが。)

 

バリバリお客様の感動の創造につながりますよ!

 

ヤノイヨの語源は?矢のようなトゲには毒がある。気をつけて!

天草牛深では魚の事を「イヨ」と呼びます。

当社でも、仕入れ担当者に、

「イヨば買うてきてはいよ!」

と声をかけるほど、イヨという言葉は一般的に使われています。

 

で、ヤノイヨですが、「矢の魚(ヤノイヨ)」に由来します。

見た目通りですね。矢のようなトゲが出てるため、「ヤノイヨ」と呼ばれているわけです。

 

この矢のようなトゲには毒があります。

刺されると腫れます。痛いです。

 

そんなときはオコゼに刺されたときと同様、お湯につけると痛みが和らぎます。

動物性タンパク質なので、お湯で分解されやすいです。

 

が、痛みや腫れがひどいときは病院に行くのが一番です。

 

気になるお値段や相場は?

一般小売価格では1キロ1,000円〜が多いようです。

平均的なサイズは1尾の重さは600グラム、これに当てはめると1尾600円の計算となります。