熊本の秋を感じさせる代表的なイベント、「藤崎八旛宮例大祭」。

毎年9月中旬の日曜日に開催され、馬を先頭にして熊本の街なかをハッピ姿で大行列で行進するものです。

街なかが「どーかいどーかい」の掛け声で満たされます。

藤崎八旛宮例大祭が終わると、それまでの夏の暑さが足早に去り、一気に秋らしくなってくるのです。

藤崎八旛宮例大祭の「どーかいどーかい」という掛け声は今年の秋はどーかい?どーかい?と聞かれているようです。

天草牛深が運ぶ!秋を感じさせる食材「白えび(芝えび)」

どうですか?この透き通る透明感。瑞々しいという漢字が相応しいです。

九州では「白えび」と呼ばれる事が多いですが、関東では「芝エビ」のほうが一般的かもですね。地方によっては「赤ひげ」と呼ばれる事もあるそうです。

元々は東京湾の芝沖でよく取れることから、「芝えび」と名付けられたそうです。今の港区の芝近辺の高層ビル群を見ると、そんな時代があったんだと「寅さん」を思い出してしまいます。

現在は残念ながら東京湾ではほとんど獲れず、天草牛深も面している有明海が主な産地となっています。

白エビといえば、「かき揚げ」や「佃煮」「唐揚げ」が有名ですが、新鮮な状態ならば刺し身が一押しです。

甘えびのような甘さと車海老のようなプリップリ感がたまらないです。

ただし、手間はかかりますが。。。

白エビの市場価格 気になるお値段は?

生のものは市場になかなか市場に出回っていないため、相場は把握できませんが、冷凍ものなら1キロ2,500円〜といったところでしょうか。