その名を轟かせる、天草牛深のキビナゴ。みなさん、召し上がったことはございますか?

2018年の牛深でのキビナゴの水揚げ量は337トン。

337トンとぱっと言われても、想像つきにくいですよね。

トヨタのプリウスが1台1.4トンなので、プリウス240台ほど。

ちょっと大きめの中古車展示場の、全ての車を足し合わせた程度ですね。

そう考えると、337トンは相当な量であることが分かると思います。

産卵期は7月。冬から春にかけてのキビナゴは美味い。

産卵にあたる7月、天草牛深ではキビナゴ禁漁期間となります。なんだってそうですが、魚は産卵前がやっぱり美味い。

体内にたっぷりと栄養を蓄え、身もふっくらとし、脂もノリにノッています。

冬から春にかけての時期は、海水温も低いので、身もぴしゃっと引き締まっています。

脂がのって身がふっくらとしているけれども、引き締まっているという完璧な状態です。

刺し身で食べても、唐揚げにしても最高なのです。

牛深では熊本県内に留まらず、関東、関西向けにも加工されどんどん出荷されてます。

キビナゴの気になるお値段、相場は?

インターネットでも比較的見かけること多いです。鹿児島産はよく見かけますが、天草牛深産はそれほどでないかもしれません。

だいたい1キロ1000円〜2000円といったところでしょうか。