今回ご紹介するのは天草・牛深を代表する魚・イワシです。

牛深を代表する魚・イワシ

その名前の由来は諸説ありますが、「陸に上げるとすぐに弱る」=「弱し」が変化したとの説が有力です。

牛深では戦後間もない頃に、全国2位の水揚げ量を占めたこともあります。

一番おすすめの食べ方は?

5〜8月がまさに旬。イチオシの食べ方は「炙り握り」です。
滴るほどの脂は、大根おろしとの相性抜群。ついついお酒も進んでしまう一品です。

「弱し」な「イワシ」。この時期は究極に「うまし」。

気になるイワシのお値段や相場は?

一般小売価格では1キロ800円〜が多いように見受けられます。

平均的なサイズは1尾の重さは200グラム、これに当てはめると1尾160円の計算となります。