天草牛深の珍しい魚をご紹介します。

コショウダイ。天草牛深ではそのラッパみたいな口から「ラッパ」と呼ばれています。

どうですか?分厚いタラコ唇がカワイイでしょう?

口をポカーンと開けてほんとラッパみたいな口してます。

全体の姿はこちら。なかなか勇ましいです。かっこいいです。

地域よって変わる呼び名「コロダイ」「ココダイ」 一体どんな魚?

尾びれに向かって黒胡椒のような斑点がちらばっている為、その名がつきました。

地域によっては、「コロダイ」「ココダイ」と呼ぶところもあるそうです。

天草牛深では「ラッパ」と呼んでいます。

安く、旨みも濃く、食感も強く、日持ちも良く、血合いや皮目も美しく、コスパ良し!

油との相性がとても良く、洋食屋さんや鉄板焼き屋さんでも指名買いされるお客様も少なくありません。

ただ、弱点が一つだけあります。

それは当たりハズレがあるということ。。。

寄生虫がまれにいるのです。

人体には無害、見た目から苦情の多いコショウダイの寄生虫

寄生虫といえば、「アニサキス」を思い浮かべる人が多いと思います。これは激しい腹痛をもたらします。

が、コショウダイの寄生虫は「ディディモゾイド」というやつで人体へは無害です。

棒状や球状の形をした黄色の袋に入っています。

人体には無害ですが、やっぱ見た目的に敬遠したくなるのも仕方ありません。

そこをきれいに取り除けば、そもそも無害なので、なんてことありません。

気になるお値段や相場は?

一般小売価格では1キロ1,500円〜が多いように見受けられます。

平均的なサイズは1尾の重さは2キロ、これに当てはめると1尾3,000円の計算となります。