今回ご紹介する天草牛深で採れる貝は「夜泣き貝」。

頑丈な貝殻の鎧をまとった夜泣き貝

この細長く渦巻く貝が、夜泣き貝です。ナガニシとも呼ばれます。

貝の中身を取り出して刺し身で食べることが多いそうです。

熊本でもなかなかお目にかかかる事がありません。

調べたところによると、広島の食卓で大変ポピュラーなのだそう。

巻き貝は、先端のとがった楊枝のようなもので中身を取り出すことが多いのですが、夜泣き貝はそれが難しく、ハンマーで貝殻ごと叩き割るしかないそうです。

ワタにはエグみがあるので、取り除き足の部分を刺し身にします。コリコリとした食感でしっかりと貝の風味が味わえます。

初めてこの夜泣き貝を食べようと思った人はどんな状況だったのでしょうね?

船が難破してようやく無人島までたどり着いた。もう三日三晩なにも食べてない。

無人島に生息していた食べられそうなものは全て食べつくした。

それでもお腹が減る。とにかく食べるものは何かないだろうか?

。。。

割ったら身が出てくるかも。食べられるかも。一縷の望みをもって割ってみよう。そして勇気をもって食べてみよう。

いや、食べるしかない。よし、食べるぞ。

そんな心境だったのでしょうか? ナマコを初めて食べた人も同じくですが、人間の可能性を拓く力には恐れ入ります。

「熊本 夜泣き貝」で検索して出てくる神社の御神木のなかに生息する(らしい)貝とは別物

「熊本 夜泣き貝」で検索すると、珍スポットとして津森神社や弓削神社の記事が出てきます。

それぞれの神社にある御神木の中に貝が生息しており、それらを子供の枕の下に入れておくと、夜泣きがおさまるという言い伝えがあるそうです。だから、「夜泣き貝」と呼ばれているそうです。

が、調べてみると、それらは「カタツムリ」の仲間だそうで、今回ご紹介している夜泣き貝(ナガニシ)とは言葉こそ似てはいますが、全く非なるものなので、見つけることができたのしても、決して貝殻を割って食べようとはしないでくださいね。

夜泣き貝の気になるお値段は?

そもそも一般的に出回っておらず、相場をみつけることも苦労します。広島では高価で取引されているとの話もありますが、1キロ1500円〜といったところでしょうか。