オニサザエ=鬼の手こぼし=オンノテゴ!

今回のご紹介は牛深産「オンノテゴ」です!

まず初めに、オンノテゴとはどんな貝なのか?

オンノテゴの写真はこちら。

全国的にあまり食されていませんが、

実は大変美味しい貝です。

オンノテゴとは牛深での呼び方で、正式には「オニサザエ」。

「サザエ」と付きますが、実はサザエとは系統的には遠い種類です。

磯に生息しており、管状の棘が無数にあります。

棘がゴツゴツして触ると痛いので「鬼=触ると危険もしくは痛い」

が名前の「オニ」の由来と言われています。

また、見た目は違えど、味はサザエに似てることから

「サザエ」が付くそうです。

生でも美味しいですが、茹でて食べるのが一番美味しいです。

茹で上がりの写真がこちら。

茹でても身が固くならず、甘みが強くて大変美味しい貝です。

食べたことのない方も多くいらっしゃると思いますが、

牛深産オンノテゴ、オススメです!

茹でる以外のおすすめの食べ方「オンノテゴのエスカルゴ風」

アレンジ料理!白ワインでどうぞ!

材料(1人前)

  • オンノテゴ 2〜3個
  • ガーリックバター 小さじ3(市販品でも可)
  • パン粉 適量
  • 酒 適量
  • 塩 下茹での水量の3%量

作り方

  1. オンノテゴが入る適当な鍋に水を注ぎ、塩を加える。オンノテゴを水に入れて火にかけ、沸騰したら中火に落とし15分間ボイルする。
  2. ザルに揚げて冷めたら貝の蓋を取り除く。食べやすいように前もってくり抜き、切込みを入れた上で殻に詰め直しても良い。
  3. オンノテゴの身にガーリックバターを塗り、パン粉を振りかけて220℃に加熱したオーブンで10分位、焼き目が付くまで加熱する。
  4. 香ばしく焼き上がったら器に盛り完成。

もう一品! 「オンノテゴの旨煮」

キリッと濃い味付けのため、日持ちします。

材料(1人前)

  • オンノテゴ 2〜3個
  • 薄口醤油 100cc
  • みりん 100cc
  • 酒 100cc
  • 砂糖 大さじ7
  • 昆布 3センチ角1枚
  • 生姜 1カケ

作り方

  1. オンノテゴを水洗いし汚れを落とす。
  2. 鍋に分量の調味料と水、オンノテゴを入れて火にかける。
  3. 沸騰したらスライスした生姜を入れ、さらに沸騰させる。煮詰まったら完成。
  4. 冷まして器に盛り、お召し上がり下さい。

オニサザエの旬と相場は?

旬は冬〜春にかけて。

夏場は産卵期に入るため身が痩せています。

相場はキロ800〜1300円前後です。