ボラは臭い?

ボラは「臭い」というイメージのある方も多いかもしれません。

ボラは雑食性で、餌を取る時に砂やヘドロも一緒に食べてしまいます。

そのため、水質汚染の進んでいる海域では臭いが身に移り、臭くなってしまうことがあるのです。

しかし、ボラはどんな環境下でも生きる事ができます。

故に、水質の綺麗な海で育ったボラは臭みはありません。

水揚げ直後に内蔵を綺麗にしてあげると臭みも抑えることもできます。

写真は牛深水産でもおなじみの「津本式究極の血抜き」を施したボラです。

津本式究極の血抜きもかなり効果的です。

血から回ってくる臭みを抑えることができます。

ボラの味・旬は?

ボラは淡白な味わいの中に少し甘みのある味わいです。

特に冬は「寒ボラ」と呼ばれるほど、脂のノリが良いです。

ボラのカラスミ

ボラの卵巣から作られるカラスミは

日本三大珍味の中でも最高級の食材です。

カラスミ自体は様々な魚から作れますが、

ボラのカラスミが最も美味しいと言われています。

気になるボラの価格は?

子持ち(真子)は2,000円〜3,000円

その他は100円〜400円が相場です。