顔の見た目から「オジサン」

ピンク色の色味に、どこかとぼけた、愛嬌のある表情。どんな名前かご存じですか?

ヒントは顔の見た目です。

正解は、なんと「オジサン」!

年間を通して水揚げされ、季節によってあまり味が変わらないのが特徴です。

名前からは想像できないほど美味

鱗は大きく薄く取りやすく、下処理も簡単。皮は厚く、ほのかに甘い香りがします。

身は、透明感のある白身でクセがない。骨、皮などからも、味わい深い出汁が出ます。

全身余すことなく使えるんです。

お刺身は、滋味豊かな味わい。身にも十分な旨味がありますが、皮霜造り、焼き霜造りなど、皮を生かせば独特な味わいになります。

皮にも身にも甘みがあり、滋味豊かなオジサン。

お手頃な価格帯ながら、使いやすく、味が良い。なかなか市場に出回っていませんが、オススメの魚です!

地元の漁師さんに話を聞くと「以前は奇妙な見た目から廃棄されることも多かった魚。

今ではしっかり値段が付き、お店で提供するとお客さんとの話のタネになるそうですよ」と教えてくれました!

相場はKあたり1000~1500円です。

おすすめレシピ「オジサンとタケノコの木の芽和え」

おすすめの食べ方「オジサンとタケノコの木の芽和え」のレシピをご紹介します。

  • 材料 4人前
  • オジサンのフィレ1枚 700グラムサイズ
  • タケノコ半分(水煮パックでも可) 約200グラム
  • 木の芽味噌(市販品で可) 大さじ8
  • 木の芽 適量

作り方

  1. オジサンの身は骨を抜き皮を付けたまま親指の爪位のサイコロ状にカットし、沸騰したお湯にくぐらせて湯引きする。冷水に落とし、粗熱を取る。
  2. タケノコは下茹でしてアクを取り、湯引きのオジサンと同じくらいの大きさにカットする。
  3. オジサンとタケノコを混ぜ合わせ、大さじ4の木の芽味噌を和え込み、下衣とする。
  4. 器に盛り、残りの木の芽味噌をかけて木の芽を散らして完成。